事務所便り

令和5年1月号

36協定にまつわるよくある質問

年度末に向け、「時間外労働・休日労働に関する協定」(以下、「36協定」という)の締結に係る準備を始める企業も多いかと思います。そこで今回は、36協定にまつわるよくある質問をとり上げます。

■ 締結時期

 労働基準法では労働時間の原則を1日8時間、1週40時間としており、この法定労働時間を超える労働を禁止しています。現実には多くの企業で、法定労働時間を超える時間外労働を命じているかと思いますが、労働者に時間外労働を命じるためには、あらかじめ36協定を締結し、所轄労働基準監督署に届出を行う必要があります。この36協定の届出は、協定に定められた有効期間の開始日以前に行う必要があるため、届出前までに協定を締結する必要があります。労働者の過半数代表者等に余裕をもって説明し、締結が完了するよう早めに準備しましょう。

■ 記載する人数

 36協定には、労働者数を記載する欄が設けられています。この労働者数は、在籍している労働者の人数ではなく、時間外労働・休日労働を行わせることが想定される人数を記入します。締結後、協定の有効期間中に、入社や退職により記入した人数と実態が乖離したとしても再度締結して届け出る必要はなく、締結後に入社した労働者にも協定の範囲内で時間外労働や休日労働を命じることができます。

■ 過半数代表者等の退職

 労働者の過半数代表者等が協定の有効期間中に退職するケースがありますが、退職したとしても締結をした36協定はその有効期間中において有効であり、36協定を再度締結したり、届け出たりする必要はありません。労働者の過半数代表者等は、実際に36協定を締結する時点で、労働基準法の定める要件を満たしていることが必要です。

■ 会社側締結当事者

 労働基準法第36条では使用者と労働者の過半数代表者等が協定を締結することになっています。会社側の締結当事者は、代表取締役としている例が多くありますが、使用者とは、労働基準法第10条で、「事業主又は事業の経営担当者その他その事業の労働者に関する事項について、事業主のために行為をするすべての者」と定義されており、代表取締役のみに限定されていません。実際に事業主の立場に立ち、労働時間の管理をする権限があり、責任を負う立場にある人に当てはまるのであれば、代表取締役以外で、例えば工場長なども該当するケースがあるでしょう。

 36協定を作成する際には、前年と同じ内容で、日付と人数だけ確認して作成しているケースも見受けられます。会社は協定した内容を遵守する必要があり、協定内容を超えて時間外労働を命じることは、労働基準法違反となります。そのため、協定する内容や数字にどのような意味があるのかを確認した上で作成し、締結することが重要です。


高齢労働者もDX・リスキリング

 少し古い調査ですが、「60代の雇用・生活調査」という調査(2020年公表。JILPT)によると、60代の高齢者に占める就業者の割合が上昇しており、調査時点で仕事をしていた高齢者が59.0%であったということです。
 日本の労働人口は2040年までに20%減るともいわれています。一方で政府は、年金の支給開始年齢の70歳までの引上げを視野に入れているようです。働かなくてはならない高齢者も増え、労働力人口に占める働く高齢者の割合も増えることになるでしょう。高齢になってからも働かなくてはならないというのは確実なようです。

■ DX・リスキリングの必要性

 いま、DX・リスキリングが必要だということがいわれていますが、働く高齢者も例外ではありません。
DXとリスキリングはセットで考えないと効果がありません。帝国データバンクが行った「リスキリングに関する企業の意識調査」(2022)によると、DXに取り組んでいると回答した企業のうち8割以上がリスキリングにも取り組んでいます。一方、DXにまだ取り組んでいない企業では3割程度しかリスキリングに取り組んでいません。
 年齢が上がるとどうしても新しい物事に取り組む意欲が弱くなり、慣れ親しんだ方法から離れられなくなるということはあるでしょう。しかし、これからも働くのであれば、年齢や業種、職層に関係なくDX・リスキリングは必須のものとなります。

■ リスキリングとは、つまり……

 いまだに「神エクセル」や「エクセル方眼紙」が根強く残っている企業もあるでしょうか。リスキリングとは、ごく簡単にいえば、新しいデジタルツールの学習であるともいえます。
 ただ、新しいデジタルツールといってもこれまでの技術の延長上にあるものですので、仕組みが分かれば怖いことはありません。高齢労働者がこれまでの職業経験も活かして、臆せずに新しい知識を吸収していけるような取組みが、企業には求められます。

■ 「事業展開等リスキリング支援コース」の新設

 上記のリスキリングに利用できる助成金をご紹介します。新規事業立ち上げや、新たな分野で必要となる知識および技能を習得させるための訓練を実施した場合に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部を助成するものです。詳しくは「人材開発支援助成金 事業展開等リスキリング支援コース」で検索ください。

弊所よりひと言

 今月号は記念すべき100号となりました。少しでも労務に関係するニュースを届ければよいなという思いと、事務所について身近に感じていただきたいという思いからニュースを毎月発行することを始めました。事務所ニュースのポリシーは何枚にもなる長いニュースだと忙しい皆さんはなかなか見てくれないだろうから、A4・1枚の2ページで、皆さんが興味ありそうなテーマを届けること。
 どれくらいの方に見ていただいているかわかりませんが、たまに「月のニュースありがとうございます。とても役立っています。」というお声をいただけるととても励みになります。昨年からは、デジタルも対応するため、チャットワークでも配信させていただいております。引き続き、より皆様の興味ある労務に関するテーマを発信してまいりたいと思います。

最新の事務所便り

  • 令和5年1月号

    36協定の「?」を解決・高齢労働者もDX、リスキリング

    36協定のよくある質問「時期は?人数は?代表者は?」に答えます/DX・リスキリングの必要性と関連する助成金をご紹介

    詳細を見る
  • 令和4年12月号

    割増賃金率50%引き上げに向けて・有給取得率上昇の今昔

    割増賃金率引き上げがいよいよ中小企業にも。求められる取組みとは/有給取得率上昇の背景にはどんな歴史があったのか?

    詳細を見る

一覧を見る

  • 手続きの大幅な簡略化とオンライン申請について
  • オンライン相談受付中

Copyright © 社会保険労務士法人ウィズロム® all rights reserved.

PAGE TOP