コラム

「小規模企業共済制度」について

「小規模企業共済制度」は、個人事業をやめられたとき、会社等の役員を退職したとき、個人事業の廃業などにより共同経営者を退任したときなどの生活資金等をあらかじめ積み立てておくための共済制度です。
小規模企業共済法に基づき、独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営しています。

この制度に加入する最大のメリットは、掛金は税法上、全額が「小規模企業共済等掛金控除」として課税対象となる所得から控除できることです。

【加入できる方】
常時使用する従業員が20人(商業とサービス業では5人)以下の個人事業主やその経営に携わる共同経営者、会社等の役員、一定規模以下の企業組合、協業組合、農事組合法人の役員の方です。

【掛金】
掛金月額は、1,000円から7万円までの範囲(500円刻み)で自由に選べます。

当事務所では、小規模企業共済の加入手続を取り扱っております。ご質問等ございましたら、ご連絡ください。

※[[詳細はこちらhttp://www.smrj.go.jp/skyosai/]]

記事一覧に戻る

  • 手続きの大幅な簡略化とオンライン申請について
  • オンライン相談受付中

Copyright © 社会保険労務士法人ウィズロム® all rights reserved.

PAGE TOP